• コンポーネントに、.mt-draggable を記述します。
  • アクセシビリティ配慮のため、draggablearia-grabbed 属性を記述してください。
  • aria-grabbed 属性のディフォルト値は false ですが、コンポーネントを掴んだときに値を true に切り替えてください。
  • 移動可能コンポーネントにマウスを近づけると、マウスカーソルが「移動カーソル」に切り替わります。

基本形

移動可能コンポーネント
<div class="mt-draggable" draggable="true" aria-grabbed="false">
  <div class="col-auto"><svg title="移動可能" role="img" class="mt-icon"><use xlink:href="../images/sprite.svg#ic_move" /></svg></div>
  <div class="col">移動可能コンポーネント</div>
</div>

移動不可

移動不可能にしたい場合、draggable="false"もしくは削除して aria-grabbedも削除、アイコンも変えてください。

移動可能コンポーネントにマウスを近づけても、マウスカーソルは「移動カーソル」に切り替わりません。

移動不可能コンポーネント
<div class="mt-draggable" draggable="false">
  <div class="col-auto"><svg title="空白" role="img" class="mt-icon"><use xlink:href="../images/sprite.svg#ic_blank" /></svg></div>
  <div class="col">移動不可能コンポーネント</div>
</div>

アイコン付き

アイコンを付けたい場合、対象のアイコンのクラスを .mt-icon--secondary にしてください。

複数行インプット
<div class="mt-draggable" draggable="true" aria-grabbed="false">
  <div class="col-auto"><svg title="移動可能" role="img" class="mt-icon"><use xlink:href="../images/sprite.svg#ic_move" /></svg></div>
  <div class="col"><svg title="" role="img" class="mt-icon--secondary"><use xlink:href="../images/sprite.svg#ic_multiline" /></svg>複数行インプット</div>
</div>

要素付き

アイコンをだけでなく、フォーム要素も表示状態にしたい場合。要素があるコンテンツエリアを実装するために、.mt-flexBreak という調整用空要素を入れる必要があります。

<div class="mt-draggable" draggable="true" aria-grabbed="false">
  <div class="col-auto"><svg title="移動可能" role="img" class="mt-icon"><use xlink:href="../images/sprite.svg#ic_move" /></svg></div>
  <div class="col"><svg title="" role="img" class="mt-icon--secondary"><use xlink:href="../images/sprite.svg#ic_tag" /></svg><label class="form-control-label" for="formGroupExampleInput">タグ</label></div>
  <div class="mt-flexBreak"></div>
  <div class="mt-draggable__content">
    <input type="text" class="form-control" id="formGroupExampleInput">
  </div>
</div>

記事編集画面用

モバイル表示時はドラッグ不可能になるため、デザインが変わります。

モバイル表示時は draggable="false" とします。

ドラッグ可能エリア

コンテンツフィールドの追加用の UI。.mt-draggable__area を加えることで実装できます。高さはスクリプトでコントロールしやすいようにインラインで記述されています。コンテンツフィールドがエリアにドラッグされたときに .mt-draggable__area .mt-draggable__area--dragover と記述すると枠線がハイライトされます。

.mt-draggable__empty は、コンテンツフィールドがないときに利用するもので、コンテンツフィールドが 1 つでもある場合は排除してください。

Drag and drop area

Please add a content field.

<div class="mt-draggable__area" style="height:400px;">
  <div class="draggable__empty">
    <img src="../images/dragdrop.gif" alt="Drag and drop area" width="240" height="120">
    <p>Please add a content field.</p>
  </div>
</div>